室内飼育でも油断できない | 猫のノミやマダニはフロントラインを使って確実に予防しよう!

室内飼育でも油断できない

「室内飼育でも油断できない」のフォトです。

昔の日本では、犬や猫といった動物をペットとして飼うときは室外飼育が基本でしたよね。
時代の流れと共にペットの飼い方も変化してきており、現在の日本では犬も猫も室内飼育をする人たちのほうが増えてきています。
これにはきちんとした理由があり、犬や猫にとって危険なものが多い外で生活させるよりも人間と同じ室内で生活させるほうが病気や怪我をしにくく、長生きをしやすくなるからです。

病気や怪我からペットを守ることができるという大きなメリットに惹かれて室内飼育をする人はたくさんいますが、室内ならノミもマダニもいないからノミダニ予防に力を入れなくていいと考えている人も増えてきています。
確かに外ではなく室内ならノミやマダニに寄生される可能性は低いと感じますが、室内飼育の場合でもノミやマダニの予防はしっかり行わなくてはなりません。
実はノミやマダニは人間の服について室内に入り込んできたり、わずかな隙間から侵入してくることが多いのです。
室内に入り込んだノミやマダニはカーペットの中などの場所で繁殖し、室内で生活しているペットはもちろん、人間からも吸血をして害を与えます。
そのため、室内飼育だからと油断をして、ノミダニ予防を怠っていると知らず知らずのうちに大切な家族であるペットがノミやマダニに寄生されてしまうかもしれません。

室内飼育の場合でも、室外飼育の場合でも、ノミやマダニに寄生される恐れは十分にあります。
わかりやすい使い方でどんな飼い主でも安心して使えるフロントラインで、普段からしっかりとノミダニ予防をしておきましょう!